動画配信サービスを利用するための準備は?必要なものは何?

question-what-i should-prepare

 

動画配信サービスは便利そうで使ってみたいけど、何か特別に準備するものってあるの?機械の設定とか難しいと嫌だなぁ……。そんな不安もあるかもしれませんね。
確かに必要なものはありますが、特別なものは必要ありません。絶対必要なもの、と、あればより便利なもの、に分けてかんたんに説明しますので、すぐに不安も解消することでしょう。

 

絶対に必要なものは2つだけ

対応デバイス

multi-device

動画配信サービスを利用して動画コンテンツを見るには、”見る”ためのデバイス(端末)が必須です。当たり前ですよね。
そしてその端末はインターネットに接続できる「対応デバイス」であることが必要です。

動画配信サービスによって対応デバイスは異なりますが、主なものにパソコン(PC)、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、メディアストリーミング端末などがあります。

パソコン、スマホは、ほとんどの動画配信サービスで利用できるので、最低でもどちらかは用意しましょう。

OS(Windows/iOS/Androidなど)やOSバージョンによっては対応していない場合もあるため、各サービスの公式サイトで必ず確認して下さい。

インターネット回線

internet-connection

 

動画配信サービスは、”インターネット回線を通して”配信されるデジタル動画コンテンツを楽しむサービスなので、インターネット回線は必須です。

インターネット回線は大きく分けて固定回線(光ケーブルやケーブルテレビなど)とモバイル回線(4G/LTE/WiMAXなど)があり、どちらも動画配信サービスを利用することができますが、定額でスピードも安定しやすい ”固定回線” のほうがストレスなく動画コンテンツを楽しむことができます。

動画コンテンツはデータ通信量が多いため、モバイル回線だと動画がカクカクしたり、読み込み中を示すくるくる状態になったりして動画に集中して楽しめないことや、月額固定で契約している通信量いっぱいに使ってしまい「通信速度制限」に引っかかってしまうことも多いためです。

ご家庭にフレッツ光やケーブルテレビなど、インターネット接続プロバイダと契約した固定回線が引かれていれば、迷わずそれを使いましょう。
通信速度制限もなく、通信速度も比較的高速で安定しているため、高画質でもストレスなく動画コンテンツを楽しむことができます。

あると良いもの、便利なもの

クレジットカード

credit-card

動画配信サービスの料金の支払い方法の代表的なものはクレジットカード、デビットカード、PayPal、キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いなどの携帯電話の支払いと一緒に支払う)、プリペイドカードなどですが、ほぼ全てのサービスがクレジットカード支払いに対応しています

サービスによってはクレジットカード支払いのみ受けつけ、という場合もあります。クレジットカードを持っていない、または使いたくない、といった場合は「キャリア決済」対応の動画配信サービスを選ぶこともできますが、ポイントが貯まったり、他の買い物にも使えるのでこの機会に新しく作ることを検討しても良いかもしれません。新規でつくるなら年会費無料の楽天カードがオススメです。

(楽天カードオススメ記事)

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)

動画配信サービスを利用するにはインターネット回線が必須であること、モバイル回線よりも固定回線の方がよい、というのは先に説明した通りです。

固定回線を契約するとインターネットに接続するための「モデム」が設置されますが、これはインターネット通信網の終端に位置する通信機器、つまり外からのインターネット回線を家の中に引き込むための機械です。ここから家の中でパソコンやスマホ、スマートテレビなど複数のデバイスでインターネット接続するためには通常”ルーター”と呼ばれるネットワークに接続する通信機器が必要になります。

従来はケーブルで直接デバイスと接続する有線タイプのルーターが主流でしたが、近年は無線接続(Wi-Fi)が主流となっており、「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」を介して各デバイスをインターネットに接続します。
一部のモデムはWi-Fiルーターと一体型のものもあり、その場合は用意する必要はありませんが、一体型でない場合は別途購入の必要があります。

すでに家庭内に完備されている場合、またはモバイル回線のみで接続する予定の場合は不要です。

メディアストリーミング端末

せっかくの高画質の動画コンテンツ、でっかいテレビで見たい!という場合にオススメなのが、テレビに刺すだけで難しい設定ほぼゼロで動画配信サービスを利用できるメディアストリーミング端末です。

ご家庭のテレビのHDMI端子に接続してWi-Fiと電源につなぐだけ、の簡単3ステップで、お好きな映画やアニメを大画面で楽しむことができます。

大画面じゃなくてOK、パソコンやスマホで十分、であればもちろん不要です。

まとめ

動画配信サービスを利用するのに必要な準備は、「必須なもの」、「あると良いもの」、「お好みで」の3つに分けるとこのようになります。

必須なもの 2つ
  1. 視聴するための対応デバイス(パソコン、スマホなど)
  2. インターネット回線
あると良いもの 2つ
  1. クレジットカード
  2. Wi-Fiルーター
お好みで 1つ
  1. メディアストリーミング端末

いかがでしょうか?
最低普段使っているスマホが一台あれば動画配信サービスはすぐにでも楽しめることがお分かりいただけたと思います。

 

ウィジェットで
U-NEXT
アマゾン
dアニメ

動画配信サービス基礎知識
スポンサーリンク
アニメ動画配信サービスでどっぷりアニメ三昧│アニライ研究所 をフォローする
おすすめ動画配信サービスランキング
U-NEXT
U-NEXT

動画数12万本の圧倒的な品揃えに、ポイント利用で最新映画を実質タダで見られ、雑誌も電子書籍で70誌以上読み放題など幅広いサービス内容で人気。シェア第3位の動画配信サービス。

コンテンツ数 約120,000タイトル
月額料金 1, 990円(税抜き)
支払い方法 キャリア決済/クレジットカード/
無料お試し期間 31日間
dアニメストア
dアニメストア

ワンコイン以下の月額400円でアニメに特化、2400作品以上のアニメ作品、声優イベント、2.5次元ステージまで見放題、見逃しの最速はなんと地上波同時最速配信。アニメジャンルの充実度でイチ押しの動画配信サービス

コンテンツ数 約2,400タイトル
月額料金 400円(税抜き)
支払い方法 ドコモキャリア決済 または クレジットカード
無料お試し期間 31日間
アニライ研究所 – アニメはVODで見る時代 –
タイトルとURLをコピーしました