再放送開始の「ウマ娘 プリティダービー」今から見ても損はない

 

2018年春アニメとして放送され、つい先日最終回第13話が終わったばかりの「ウマ娘 プリティダービー」が早くも再放送されています。かなり異例のことに思われますが、このアニメを見ていればその人気、再放送を望む声が多かったのもうなずけます。

今回は「ウマ娘 プリティダービー」のオススメポイントを語っちゃいます!

「ウマ娘 プリティダービー」主人公 スペシャルウィーク

「ウマ娘 プリティダービー」主人公のスペシャルウィーク

 

ウマ娘 オススメポイント1 ベタにいいセリフ

 

レースという勝負の世界で生きているウマ娘たちなので、負けた悔しさをバネにして強くなっていく、という面では完全にスポ根アニメです。
なので、ベタなセリフいっぱい出てきます。

スペシャルウィークのデビュー戦、地下馬道でスペシャルウィークを送り出すサイレンススズカが最後に伝えたセリフ

怖がっていたら損ですよ。楽しまないと

第2R(話)「いきなりのデビュー戦!」

 

皐月賞に負けて、学園の中庭の悔しさを発散する切り株をくりぬいた穴の横でトレーナーとスペシャルウィークの決意の会話を締めくくるトレーナーのひと言。

負けを知って強くなれ

第3R(話)「初めての大一番」

 

骨折してレースへの復帰を目指すも、またケガをしてしまったらという無意識の恐れから以前のようなスピードが出ないサイレンススズカ。合宿中のトライアスロン中、転んだサイレンススズカに気づいたスペシャルウィークが助けようと戻ったのに気づいたトレーナーの長ゼリフ。

 

お前はレース中に立ち止まるのか?
スズカ、お前の本気はこんなもんか? あの時の約束はなんだったんだ?!

 

俺はお前たちがレースに出て先頭争いをしているところが見たい、それが今の俺の夢なんだ!

 

お前たちはお互いのためになりたいんだろう?
だったらライバルだと思って全力で高め合え!

 

スペ、お前スズカにレースに出て欲しいんだろう
だったらお前は本気で走れ!
お前が背中を見せる番なんだ

 

スズカ、レースに出たいならいつまでも怖がっていちゃダメだ
背中を追いかけることを怖がるな!

 

第9R(話)「スピカの夢」

 

こうやって書いているだけで泣けてきます。いやー王道スポーツアニメだわ。
他にもベタに泣かせるいいセリ、あちこちでてきます。

 

ウマ娘 オススメポイント2 ベタに泣かせるストーリー

 

日本一幸運なウマ娘が勝つと言われている日本ダービー(実際の競馬でも日本ダービー(正式名は東京優駿)は「最も幸運な馬が勝つ」レースと言われています)に出走するスペシャルウィークのために幸運の四つ葉のクローバーを探すチームスピカの面々。ダービー当日、レースに向かう地下馬道でスペシャルウィークに「お守り」と言って渡します。
ベタすぎるでしょ、と突っ込みながらも、じわっときます。

 

第7R(話)「約束」でサイレンススズカがレース中に故障を起こし、競争中止になってしまう場面。ドラマチックに描かれていて、それだけでも泣けてくるのですが、実在のサイレンススズカのことを覚えている競馬ファンなら倍加して泣いてしまいます。

競争馬はレース中に骨折などで競争中止になることがありますが、しばしば「予後不良(よごふりょう)」と呼ばれる安楽死を迎えることが多く、サイレンススズカも平成10年11月1日の第118回天皇賞(秋)で左前脚の手根骨粉砕骨折を発症して競走を中止。予後不良と診断され安楽死の処置がとられました。

このウマ娘のアニメでは第7R(話)でサイレンススズカはレース中に骨折を発症して競争中止になるものの、人間の骨折としてその後リハビリに励みレース復帰を目指していきます。
ネタバレにはなりますが、第11R(話)で復帰戦を迎える場面は涙なしでは見られません。
ぜひその過程を見て欲しいです。先に書いた第9R(話)「スピカの夢」でのトライアスロンのシーンもその過程のうちの大好きな場面の一つです。

 

ウマ娘 オススメポイント3 ウマいキャラ立て

 

すべてのウマ娘の名前は実在した名馬の名前です。この名前を聞くだけで競馬ファンは胸が高鳴りテンションが高くなってしまうこと請け合いです。

このエンディングの名前を見てください!テンション上がるでしょう?!夢のような並びですよ!

 

「ウマ娘 プリティダービー」名馬をかわいくうまくキャラ立て

「ウマ娘 プリティダービー」のオススメポイント 名馬をかわいくうまくキャラ立て

 

この名馬たち、いやウマ娘たちのキャラ立てがとてもウマい。よくできているのです。髪の色や髪型は馬の毛色をうまくアレンジしていたり、たたずまい、勝負服、ブリンカーなどの小物までその馬の特徴をうまく盛り込んだキャラクターに仕上がっていて、凝ってます。

そしてストーリーに織り込まれているレース戦績やスペシャルウィークの生い立ちなど、一部脚色はありながらも、実際のレース、実際の着順、実際のレースデータや事実が自然にちりばめられています。

競馬ファンならおおっと思うところがあちこちにあるし、競馬を知らない人も馬の名前をググりたくなったり、競馬を見に行ってみたいと思うようになるでしょう。

このウマの擬人化を受けつけないという競馬ファンも大勢いらっしゃるかもしれませんが、個人的にはツボでした。
あにまは一時期、競馬にもハマったことがあり北海道のファーム(馬の牧場)まで引退した馬を見に行ったり、ライスシャワーという馬のお墓参りに行ったりしました。ウマ娘を見ていたら無性に競馬場に行きたくなりましたよ。

 

ウマ娘 オススメポイント 番外編 芝の作画がキレイ

 

最近のアニメは大体どれもそうですが、絵がキレイなんです。
競馬場は芝の緑がとても美しく、とても気持ちのいい場所でもあるのですが、その緑の芝の作画がとてもキレイ。青い空とのコントラストもとても美しい。

「ウマ娘 プリティダービー」の芝の作画がきれい

「ウマ娘 プリティダービー」のオススメポイント番外編 芝の作画がきれい!

 

ウマ娘 オススメポイント 番外編 みんなカワイイ

 

みんなかわいいです。見た目も声も。
食べ過ぎてぷっくりしたお腹が制服からはみ出したり、ドタッとこけるおっちょこちょいな場面があったり、そういうのもかわいいです。
エリートのトウカイテイオーが歌とダンスの先生になったり、というギャップ演出も。
OP/EDの曲も、かわいい曲調にスポ根要素が詰まった歌詞でいいですよ!

 

まとめ

 

「ウマ娘 プリティダービー」をアニライ研究所が激押しする理由はこの3つ!

 

「ウマ娘 プリティダービー」はかわいい!
「ウマ娘 プリティダービー」は泣かせる!
「ウマ娘 プリティダービー」はかっこいい!

 

再放送のBS11と東京MX TVが映らない!とお嘆きのあなたは是非動画配信サービスで見てみてください