動画配信サービス(VOD)初心者が知っておきたい9つのメリット・デメリット

動画配信サービス(VOD)って気になるけど、どんなメリット・デメリットがあるの?
という疑問に答えます。

動画配信サービスのメリット・デメリット全部解説

 

こんにちは、あにまです。

定額制で動画見放題の「動画配信サービス」の勢いが止まりません。
TSUTAYAの店舗が2017年度だけで全国70店舗以上閉店したり、旗艦店のSHIBUYA TSUTAYAでもレンタルDVDのスペースが大幅に縮小されたりといったことにも表れています。

動画配信サービスって気になるけどまだ利用したことがない、という方のために、動画配信サービスのメリット・デメリットを細かく解説していきます。

気になる項目だけチェックしたい場合は目次の項目をクリックしてください。それぞれの項目にジャンプできます。

説明聞くよりまず自分で試してみたい!という方は、月額400円でアニメ漬けになれるdアニメストアを試してみてはどうでしょ?

\ドコモユーザー以外でも登録・視聴可能!/ 今すぐdアニメストアに無料おためし登録してアニメを見る

動画配信サービス(VOD)のメリット

 

まずは動画配信サービスのメリットを挙げていきますね。

動画配信サービスのメリットまず5つ

動画配信サービスのメリットまず5つ

安い定額料金で見放題、みたいだけ観られる

 

動画配信サービスは月額課金制(定額制)が多く、月に400〜1,990円ぐらいの料金を支払うことで、映画、ドラマ、アニメなどが見放題になります。

月に数本レンタルすると元が取れるレベルで、レンタルDVD/Blu-rayと比べても安いです。

数万本の動画の中から好きな作品を好きなだけ見られるので、アニメの過去シーズンをイッキ見したり、実写化された映画とアニメを見比べたり、も料金を気にせず楽しめます。

知らないジャンル、ちょっと気になる作品も気軽に試せる

 

レンタルDVD・Blu-rayは通常1本ごとの料金なので、借りれば借りるほど料金はかさみますが、定額制の動画配信サービスは動画を何本見ても料金は変わりません。

つまり、みれば観るほどお得になります。

レンタルだったら、ハズレてガッカリ「金返せ!」って思うような場面でも、見放題だと気になりません。安心して冒険できます。

名前だけ聞いたことある、気になってたけどシリーズ長すぎてレンタルで借りるのはためらってた、そんな作品もどんどん見ちゃっても大丈夫。

結果的に、見知らぬアニメとの新しい出会いも増えます。

実際あにまも、動画配信サービスを契約してから、見るアニメの本数がものすごく増えました。特に気になってたアニメを片っ端から気にせず見られるのは、本当に幸せです。

 

やめたくなったら、いつでもやめられる

 

ほとんどの動画配信サービスは、1ヶ月毎に契約が自動更新される形ですが、解約はいつでもできます。

無料期間中は解約したら即サービスは利用できなくなるところが多いですが、有料会員の場合はたいてい、解約手続きしても次の更新日直前まではサービスを利用できます。

解約手続きもネット上で完結するので、解約しようとしたら引き止め攻勢にあって解約できない、なんてこともありません。安心してください。

ちょっと忙しい日が続きそう、見たいアニメが最近少ないな、という時は、簡単にいつでもやめられます。

 

「dアニメストア」のように月額ワンコイン以下の動画配信サービスもあり、初めての方でも気軽に始められますよ。

\ドコモユーザー以外でも登録・視聴可能!/ 今すぐdアニメストアに無料おためし登録してアニメを見る

無料お試しがある

 

ほとんどの動画配信サービスは2週間から1ヶ月程度の無料おためしができます。

サービスごとに動画のラインアップに特徴があったり、アプリの使い勝手が好みに合う・合わないなど、目に見えないサービスだからこそ、おためしで相性を確かめてから有料会員に切り替えることができます。

ちょっと自分には合わないなと思ったら、無料お試し期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

いろいろ試して自分にぴったりのサービスを見つけてください。

 

CMがない

 

動画配信サービスはアマゾン・プライム・ビデオなど一部の例外を除いて、基本的にCMがありません。

テレビってCMありますよね。
レンタルのDVDやBDも他の作品の紹介CM入ってますよね。

CMのウザさから解放してくれる動画配信サービスは思っている以上に快適です。もう手放せません。

有料のPPVで最新作も観られる

 

劇場公開映画の最新作も、動画配信サービスで見ることができます。

サービスによっては最新作の配信がないところもありますが、別途1本ずつの料金を払ってレンタルで最新作を見ることができるサービスもあります。

U-NEXTのように、有料会員を継続していれば毎月もらえるポイントの範囲内で有料作品のレンタルができて最新作も実質無料で見れちゃったりするサービスもあります。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

レンタルのすべてのデメリットから解放される(手間/延滞料金/レンタル中)

 

動画配信サービスでレンタルのデメリットから解放

動画配信サービスでレンタルのデメリットから解放

 

動画配信サービスとDVD/BDレンタルの大きな違いは、ディスクという物理的なメディアが配信サービスでは不要なこと。

つまりレンタルDVD/BDに関するすべてのデメリットと永遠におさらばできるということです。

レンタルの”借りに行く&返却”の手間がかからない

 

レンタルDVD・BD(Blu-ray)は「借りる」と「返す」で店鋪に2回行く必要があります。面倒ですね。郵送で返却できるのもありますが、それも料金がかかるし、ポストに投函に行ったりしなきゃいけない。

動画配信サービスなら、借りる・返す手間は不要。円盤という物理的なディスクはなくインターネットを通じて、映画やアニメが配信されるからです。

大雨の日でも雪の日でも、外に行くことなく見たいアニメが見られます。

 

延滞料金の恐怖から解放される

 

動画配信サービスは、レンタル期間が過ぎると視聴できなくなるだけなので、延滞という状況がありえません。

つまり、延滞料金が発生するリスクゼロ。

返却期限を過ぎてしまった時の、通常のレンタル料と比べて信じられないほど割高な、あの延滞料金の恐怖。

やっばー、延滞料いくらだよ?!という不安やストレスとは永久にさようならです。

レンタルで必要だった余計な手間とお金、動画配信サービスなら全部好きなアニメを見ることだけに使えます。

レンタル中のがっかりを味わうことがない

 

動画配信サービスはDVDやBDディスクの在庫数という制約がありません。

人気の作品が「レンタル中」で借りたくても借りられなかった、という悲しさを味わったことがない人はいないはず。

せっかくわざわざ行ったのに、空っぽのケースが並んでいるのを目にした時のがっかり感も、動画配信サービスにはありません。

見たいと思ったらすぐ見ることができます。

それにラインナップも13万本(U-NEXTの場合)と、どんな大型レンタル店でもそれだけの作品揃えるのは無理でしょ、という中から選ぶことができます。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

高画質できれいな絵で観られる

動画配信サービスのメリットあと4つ

動画配信サービスのメリットあと4つ

 

動画配信サービスの画質は「SD(480p)」、「HD(720p)」、「フルHD(1080p)」、「4K(2160p)」に対応しています。

画質はコンテンツ、デバイス、料金プランによって異なりますが、ほとんどがDVDよりも高画質な「HD画質」で見れます。

さらに、作品数はまだまだ少ないですが、超高画質「4K」で見れる動画配信サービスもいくつかあります。

NHKがこれから4K放送にますます力を入れていくでしょうし、4Kテレビをすでにお持ちなら「NHKオンデマンド」をオプションで見ることができるU-NEXTを試してみるのもアリですね。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

いつでも、どこでも観られる

 

動画配信サービスは、インターネットを経由して動画コンテンツを配信するので、インターネットにつながる環境さえあれば、いつでもどこでも好きな動画を見ることができます。

 

スマホもテレビもパソコンも!対応デバイスが多い

 

ほとんどの動画配信サービスがPC、スマホ、タブレット、テレビなどマルチデバイスに対応しています。

だから、生活スタイルの中で場面に応じて最適な視聴デバイスを使い分けることができます。

例えば、

今期アニメのあらすじをチェックしたいだけならスマホでパパッと倍速で見ちゃう。

迫力あるバトルものは大画面のテレビでじっくり見る。

通勤・通学中はスマホやタブレットから見て、自宅に帰ったらPCやテレビの大画面で続きを見る。

おふろで湯船に浸かりながら今週分のアニメをまとめてみる、なんていうのもアリ。

 

忙しい時は効率よく、たっぷり時間がある時はじっくり、と視聴スタイルも選べて便利。どんな時でも大好きなアニメと一緒。

 

放送時間に縛られないで自分の都合のいい時に観られる

 

動画配信サービスは、テレビのように放送スケジュールに縛られることがありません。別名「ビデオ・オン・デマンド・サービス」とも呼ばれるように、自分で選んだ動画が配信される仕組みだから。

またファミリーアカウントといった家族共有で利用できるためのしくみを使えば、ひとつのアカウントの中で家族それぞれが好きな時に別々のデバイスから動画を楽しむこともできます。

家族の中で好みが違っても、かぶってもケンカになることもないし、家族で利用すれば割安にもなります。

ファミリーアカウントを試してみるならU-NEXTです。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

他では見られない限定のオリジナル作品がある

 

いくつかの動画配信サービスは地上波テレビやレンタルDVDでは見られない「オリジナル作品」や「独占配信コンテンツ」があります。

例えば、「ゴールデンカムイ」や「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」はFOD(フジテレビオンデマンド)だけの独占配信なので、これ見たさにFODを契約することも、動画配信サービスあるあるです。

いつでもやめられるので、特定の作品を見たい時だけ契約するといった使い方もできますよ。

「ゴールデンカムイ」や「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」見たくなっちゃったらFODです。

\Amazonアカウントで初回1ヶ月間無料おためし!/ 今すぐFODプレミアムに無料おためし登録する

 

録画ミスしても「見逃し配信」で観られる

 

深夜アニメは毎日遅くまで起きているわけにもいかず、録画してみているという方も多いと思いますが、正直録画めんどくさいですよね。

そして録画にまつわる悲しい「あるある」。
まさかのときに限って後半撮れてなかったり、見る時間がなくてためてしまい、容量が足りなくなって泣く泣く消去したり。

動画配信サービスは、その録画のめんどくさい悩みからも、悲しみからも開放してくれます。

 

動画配信サービス(VOD)のデメリット

 

動画配信にもデメリットはあります。こっちもきっちり押さえておきましょう。

動画配信サービスのデメリット4つ

動画配信サービスのデメリット4つ

動画配信サービスによって作品ラインナップにバラつきがある

 

動画配信サービスによって、作品ラインアップにはそれぞれの特徴があります。

すべての動画が観られるサービスはないし、見たい作品がどの配信サービスにもない、ということもあります。
また、配信は期間限定、終了している場合もあるので、100%見たい時に見たいものが見られるとは限りません。

それでも最寄りのレンタルショップよりはるかに多い品揃えで、これがダメならあれがある、と気持ちを切り替えられるほど魅力的な作品がたくさんあるのも事実です。

実際あにまも、見たいものが配信終了になり悲しかったくせに、画面上に並ぶ膨大なラインナップをスクロールしているうちに、あっさり他の作品をみはじめていたことが何度もありました。

支払いは基本クレジットカードなところが多い

 

多くの動画配信サービスは、初回無料お試しの登録時にクレジットカード情報を登録することが多いです。

無料お試し期間が終わったら自動的に有料会員への移行がしやすいしくみですね。

クレジットカードを持っていない、持ってはいるけどあまり使いたくない、という方にはちょっとマイナス情報ですが、携帯電話会社のキャリア決済が使えたり、プリペイドカードやデビットカードが使えるサービスもあるので、クレカなしでも動画配信サービスは利用できます。

 

FOD(フジテレビオンデマンド)は公式にデビットカードが利用できると明言している数少ない動画配信サービスです。電子書籍やマンガを実質2割引で買えたり、雑誌読み放題もあるなどオプションが充実していて、お得感あります。

\Amazonアカウントで初回1ヶ月間無料おためし!/ 今すぐFODプレミアムに無料おためし登録する

 

まったく動画を見なくても料金はかかる

 

動画配信サービスの多くは月額課金タイプのサービスなので、忙しくて1度も利用しなかった月でも料金はかかりますし、返金もありません。

でも、レンタルするときにたくさん借りたら割安だからと10枚借りたけど半分しか見なかった、なんてことなかったですか?あれと同じです。

 

実際は、レンタルよりはるかに手軽にアニメを見られるので、忙しい時はショートアニメや1話完結ものを見たり、ダウンロードして移動中のスキマ時間に見たりと、なんとか時間をひねり出してみようとしてしまいます。

あにまも動画配信サービスを利用し始めてから、1ヶ月1度も利用しなかった月はありません。むしろ見たい作品が多すぎて、普通のテレビを見る時間が劇的に減りました。

最新作は少なめ、別途有料なものが多い

 

劇場で公開された最新作の映画は、一部の動画配信サービスでは取り扱いがなかったりします。

逆に、最新作がどこよりも早く見られる、レンタルよりも早い!というのを売りにしている動画配信サービスもあります。

最新作は多少割高ですが、映画館に行くより安いし、友達を呼んで上映会すれば、仲間とワイワイしながら最新作を観るという楽しみ方もできます。

ホームシアター派、最新作大好き!という方には最新作が得意なU-NEXTがオススメです。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

録画できない

 

動画配信サービスのデメリットあと4つ

動画配信サービスのデメリットあと4つ

 

動画配信サービスはコンテンツそのものを買うというよりも、「動画視聴する権利」に対してお金を支払うサービスです。

地上波テレビや衛星放送(スカパー!やWOWOWなど)、ケーブルテレビなどのテレビ放送のようにDVD/Blu-rayレコーダーに録画できる機能は基本的には備わっていません。

配信期間終了や解約によって見れなくなってしまうことは覚えておいてください。

裏技を使うなどして動画配信サービスの作品を録画することは、規約や法律違反、犯罪になる可能性があるのでお気をつけください。

特典映像が観れない

 

円盤を買う大きな楽しみの一つが特典映像。
これは動画配信サービスでは見ることができません。

ただレンタルのDVD/BDでもこの特典映像は見られないので、その点は同じですね。
どうしても特典映像が欲しい場合は円盤を買い、本編だけあればいい作品は動画配信サービスで見まくる、というのが部屋も狭くならずにオススメです。

プランによっては低画質でしか観られないものもある

 

動画配信サービスの中にはNetflix(ネットフリックス)のように料金プランによって視聴画質を変えているところもあります。

また、古い作品の場合は料金プランに関係なく低画質しか選べない場合もありますので、すべて高画質で見られるわけではありません。

しかし、新しい作品はほとんどがHD画質以上ですし、一部では4K画質の作品も少しずつですが増えてきています。アニメに関しては4Kはまだほとんどないですが、高画質化の流れにあることは間違いありません。

実際、DVDより高画質で見られるものが多く、レンタルより美しい映像で楽しめると思っていただいて大丈夫ですよ。

データ通信量が大きい

 

動画配信サービスはインターネット環境が必須です。そして高画質になればなるほどデータ量が増えるので、データ通信量が莫大になり、ギガが足りなくなる可能性もあります。

U-NEXTやdアニメストアなどダウンロード視聴できるものはwifi環境のあるところで見たい作品をダウンロードしておくことで、データ通信量を抑えることができます。動画配信サービスを利用したいけどwifiや有線のインターネット環境が家にないのであれば、定額制のWifi(例えばソフトバンク回線でサクサク!快適wifiルーター【NEXTmobile】)を契約することも合わせて検討することをオススメします。

 

 

ここまで、動画配信サービス(VOD)のメリットとデメリットを説明してきました。

はじめてみようかな?と思った方は、動画配信サービスを利用するにあたって準備をするものについて説明したこちらも参考にしてみてください。

動画配信サービスを利用するための準備は?必要なものは何?
動画配信サービスは便利そうで使ってみたいけど、何か特別に準備するものってあるの?機械の設定とか難しいと嫌だなぁ……。そんな不安もあるかもしれませんね。 確かに必要なものはありますが、特別なものは必要ありません。絶対必要なも...

 

自分にあった動画配信サービスって、どうやって選べばいいの?という疑問にはこちらの記事も参考にしてみてください

動画配信サービスの選び方 - 5つのポイントでかんたん選択!
動画配信サービスはいろいろな特徴のものがあり、数えると20以上のサービスがあります。 そんなに多いと選べない!どうしたらいい? そんなあなたもカンタンに選べるポイントを5つお伝えしますね。5つのポイントのうち「自分にとって大事なの...

 

動画配信サービス(VOD)のメリット・デメリットまとめ

 

動画配信サービスのメリット・デメリットの中で主なものをまとめました。これだけ覚えておけば、大丈夫!

まずはメリット5つから。

  1. 安い定額料金で見放題、みたいだけ観られる
  2. CMがない
  3. いつでも、どこでも、かんたんに見られる
  4. 無料お試しがある
  5. 高画質できれいな絵で観られる

 

デメリットも5つ

  1. 動画配信サービスによって作品ラインナップにバラつきがある
  2. 支払いは基本クレジットカードなところが多い
  3. まったく動画を見なくても料金はかかる
  4. 最新作は少なめ、別途有料なものが多い
  5. データ通信量が大きい

 

実際利用している立場からは、メリットの方がデメリットを大きく上回っている、と強く感じていますよ。

まずはご自身で試してみて、体感してみてください。今のイチ押しはラインアップも豊富でアプリがめちゃくちゃ使いやすくなったU-NEXTです。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

タイトルとURLをコピーしました