ゾンビランドサガ7話までの感想 マモの巽幸太郎はどハマり

こんにちは、あにまです。
「ゾンビランドサガ」見てますか?
気になっていたのだけどすっかり忘れていて7話目にしてようやく見たら、それが神回だったという巡り合わせの「ゾンビランドサガ」。
話の展開もキャラクターたちの関係性もまったく知らずに見たのに、ライブシーンで涙が止まらなくなっちゃって、慌てて1話からちゃんと見直しましたよ。

 

「ゾンビランドサガ」タイトル (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」タイトル (c)ゾンビランドサガ製作委員会

 

2018年秋アニメ、これといったのがないなぁと思っていたのですが、今期1番になりそうな予感です。
あいや、サンダーボルトがあるから2番かな。でもサンファンは人形劇だからアニメでは1番か・・。とにかく面白いです!

今からでもまだまだ間に合います。
未見だったら見逃し配信で見てみて!

これだけでみたくなっちゃったあなたはこちらからdアニメストアへどうぞ!

\ドコモユーザー以外でも登録・視聴可能!/ 今すぐdアニメストアに無料おためし登録してアニメを見る

 「ゾンビランドサガ」とは?

 

いつもの朝。いつもの音楽。いつもの自分。
7人の少女たちの安寧は、突如崩壊する。
死して蠢く、ゾンビによって……

否応なく踏み込んだ世界、そこは“最高×最悪のゾンビワールド”
少女たちの願いは、たった一つ。
「私たち、生きたい。」
これは、少女達が起こす奇跡の物語(サガ)。

 

「ユーリ!!! on ICE」のMAPPA × 「おそ松さん」のエイベックス・ピクチャーズ ×「ウマ娘 プリティーダービー」のCygames の3社が偶然にも手掛けた100%肉汁オリジナルアニメが誕生!
年齢も性別も時代も超えて、びんびんに刺激する『新感覚ゾンビ系アニメ』の幕がいま上がる。

ゾンビランドサガ公式サイトより

 

ゾンビなのにアイドル
アイドルなのにゾンビ

7人のゾンビィ娘が、有能だがちょっとおかしいアイドルプロデューサー巽幸太郎とともにアイドルとして成長していく物語、です。

見てみると確かに新感覚。
既視感の少ない、ちょっと見たことないアニメ。
ギャグアニメかと思いきや、アイドルもの、少女の成長ものとしても十分だし、
こんなに可愛いゾンビならいてもいいかも、と思えるほどゾンビ姿がかわいい。

 

マモ(宮野真守)の巽幸太郎 ハマりすぎ

 

「ゾンビランドサガ」アイドルプロデューサー巽幸太郎 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」アイドルプロデューサー巽幸太郎 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

 

なぜ自分がゾンビになってるのかわからない7人(7体?)のゾンビィ娘たちに容赦ない言葉とミッションを投げつけ続ける巽幸太郎。

どっかからか営業の話を取りつけてきたり、ちゃっかりサガロックの出演枠を確保したりと、プロデューサーとして優秀な面も見せる一方で、ゾンビィ娘たちへの辛辣かつ高圧的で人間扱いしない(確かに人間じゃないんだけど)ものの言い方はパワハラ・モラハラもんですが、言い方が面白すぎるのと、核心をついているのと、みんなゾンビってことでまあいいやな感じです。

 

“オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ」チョットだけ教えてあげる動画” というのがPart1からPart3まで3本あるのですが、このマモちゃん、笑わせてくれます。

Part.1

オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ」チョットだけ教えてあげる動画 Part.1

 

Part.2

【Part.2】オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ」チョットだけ教えてあげる動画

 

この中でマモちゃんが ”ぶっ飛んでいるアニメ” と言っていますが、ぶっ飛んでるのはお前だろ、と言いたい。

傍若無人
高圧的
どちらかというと自己中心的
声がでかい

すでに巽幸太郎で、当て書きか?と疑ってしまうほどハマってます。

Part.3

【Part.3】オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ」チョットだけ教えてあげる動画

 

Part.3は巽幸太郎のセリフで締めるのですが、このテンションでずっとアフレコやってんの?
エネルギー相当消費しそう〜、お腹すきそう〜で爆笑しました。

マモ全開です。

 

神回と評判になった第7話『けれどゾンビメンタル SAGA』

 

「ゾンビランドサガ」神回第7話のフランシュシュ帯電シーン (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」神回第7話のフランシュシュ帯電シーン (c)ゾンビランドサガ製作委員会

 

冒頭でもお話ししましたが、気になってた割にすっかり忘れていたのに、なぜか偶然第7話の放送日だけ気がついてテレビをつけたんですよ。私ぐっじょぶ。

 

第7話は、大雑把なストーリーとしては、

チェキ会のようなファンとの交流(←ハレンチな真似と言い放った)は自分のアイドルとしての信念に反すると、フランシュシュの活動を離れた純子ちゃんがサガロックの舞台に戻ってくる、な感じです。

 

そして見どころは、
それまでハイテンションで無茶ぶりとひどいことしか言ってこなかった巽幸太郎が、初めて落ち着いてまともなテンションでまともな、それもけっこう愛のあるアドバイスを純子にする場面と、雷雨の中のサガロックのステージです。

 

天気予報通り雷雨になり「なんか知らんアイドル、おけおけいらんね(ぜ?)」と観客も散ってしまったステージで激しい雨に打たれながら懸命に歌い踊るフランシュシュのメンバー。

落雷に打たれたのが死因の愛ちゃんのカチコチの緊張がメンバーにも観客にも伝わってしまいます。雷が怖くて愛ちゃんの歌は途中で途切れがちになり、ダンスもちぐはぐになってもうダメかと思ったところに特大の落雷。

 

人間のアイドルなら10年前の愛ちゃん同様、即死でステージどころではないでしょうが、ゾンビなので死なない(一回死んでるし)。

そして防水スプレーのおかげで帯電して体は光に包まれ、声にはテクノエコーがかかり、指先からはビーム。perfumeもびっくり。

 

巽幸太郎、ここまで読んでたのか?
天候まで計算に入れて演出考えたなんて、なんて優秀なプロデューサーだ。
それもメンバーには、ゾンビィバレしないようにメイクが雨で落ちないための防水処置と称して防水スプレーかけまくるなんて。
お上手。

 

てかこのアニメ、かなり手が込んでます。
松田聖子の歌を昭和アイドルの純子ちゃんの背景に仕込むなど、小ネタがあちこちにバラバラ落ちてて、見返すたびにいろいろ見つかって楽しい。

 

未だ目覚めない山田たえと何を考えているのかわからない巽幸太郎

 

一人だけ “伝説の山田たえ” って存在そのものが伝説みたいなポジショニングになってるたえちゃん。
今のところ、三石琴乃さんのムダ遣いとしか思えないんですが。

あーあーうーうーうなって噛みつくだけかと思いきや、けっこうステージこなしてるし、レッスンもちゃんとやってるし、6話ではみんなが幸太郎のパソコンで検索して情報を集めている時間稼ぎにシャンプーが欲しい幸太郎に柔軟剤やら醤油やら持っていくし、まだ目覚めてないのでゾンビィな動きが多いけど、みんなの言ってることを理解して役割はちゃんと果たしてる。

もう一度1話からたえちゃんだけに注目して見直したいです。

 

そして真意のわからない巽幸太郎。

7話での純子ちゃんへのアドバイスは本心から出たものだと思います(思いたい)。
普段の高圧的で人を人とも(ゾンビィをゾンビィとも)思わない言動は、真意を隠すためのカモフラージュ、親心からくるものであってほしいと願いながら見ているのですが、反面そんなにすんなりいっても面白くないので、もう二転三転してくれてもいいかな。

なにかとぶっ飛んでいる巽幸太郎には期待してます。

 

「ゾンビランドサガ」アメコミ風巽幸太郎 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」アメコミ風巽幸太郎 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

 

そんなこんなの「ゾンビランドサガ」ももう半分過ぎて佳境にさしかかっており。

メンバ−7人のうち、愛ちゃん、純子ちゃん(サキちゃんもかな)は過去を乗り越えた感があるので、あと4人。8話はリリィちゃん回のようなので残るはゆうぎり姐さん、さくらちゃん、そしてたえちゃんと巽幸太郎。

さくらちゃんは少しずつ記憶を取り戻しつつあるようですが、たえちゃんはいつになったら目覚めるのか・・?

これからは1話の中身が濃くなっていくだろうことを期待して……いいんですよね??

未見の方もおられると思うので、ここからは基本情報おさらいです。

 

ゾンビランドサガ 基本情報

 

放送日時と放送局、配信情報、スタッフ&キャストなどの基本情報をまとめておきます。

ゾンビランドサガ 放送日時と放送局

 

放送局:サガテレビ
放送日時:毎週金曜日25:25~

 

放送局:TOKYO MX、サンテレビ
放送日時:毎週木曜24:00~
放送局:AbemaTV、AT-X
放送日時:毎週木曜23:30~

ほか

BS11は毎週木曜日24:30~
TVQ九州放送は毎週金曜日26:58~

です。

 

ゾンビランドサガ 配信情報

 

ゾンビランドサガを見られる配信サービスから、無料お試し期間があって、かつ見放題でゾンビランドサガをみられる配信サービスだけを厳選してご紹介。

どれもリンクになっているのでタップすれば直接公式サイトに飛ぶことができます。

dTV(公式サイト)
dアニメストア(公式サイト)
FODプレミアム(公式サイト)
Amazon Prime Video
auビデオパス(公式サイト)
U-NEXT(公式サイト)

 

ゾンビランドサガ スタッフ

 

原作:広報広聴課ゾンビ係
監督:境宗久
シリーズ構成:村越繁
キャラクターデザイン:深川可純
美術監督:小倉一男
撮影監督:柳田貴志
色彩設計:佐々木梓
編集:後藤正浩
音楽:高梨康治
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響制作:dugout
アニメーション制作:MAPPA

原作は佐賀県の広報広聴課にちなんだようです。佐賀県、しっかり企画協力してます。

 

「ゾンビランドサガ」EDに佐賀県 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」EDには佐賀県もしっかり (c)ゾンビランドサガ製作委員会

 

ゾンビランドサガ キャスト

 

巽幸太郎:宮野真守
源さくら:本渡楓
二階堂サキ:田野アサミ
水野愛:種田梨沙
紺野純子:河瀬茉希
ゆうぎり:衣川里佳
星川リリィ:田中美海
山田たえ:? → 三石 琴乃
警察官A:吉野裕行
ロメロ:高戸靖広

よっちんの警察官Aもけっこうな無駄遣いじゃないですかね。
こういうバカっぽい役のよっちんも好きですけど。
「潔癖男子!青山くん」の吉岡太一(3バカの中のドーナツ好き)を思い出します。

 

けど、何より気になるのが山田たえ役の三石琴乃さん。
まともなセリフを三石さんが喋る日は来るのか?

 

ゾンビランドサガ OP/ED

 

オープニングテーマ:徒花ネクロマンシー
エンディングテーマ:光へ
アーティスト:源さくら(本渡楓)、二階堂サキ(田野アサミ)、水野愛(種田梨沙)、紺野純子(河瀬茉希)、ゆうぎり(衣川里佳)、星川リリィ(田中美海)

 

昭和の戦隊モノをアメコミチックな劇画風タッチで描いているOPアニメーションと佐賀のいろんなロケーション(でしょ?)を水彩画風のふんわりしたタッチで次々と見せてくれるEDアニメーションが対照的で、ギャップに笑います。

 

「ゾンビランドサガ」アメコミ風味の戦隊モノOP (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」アメコミ風味の戦隊モノOP (c)ゾンビランドサガ製作委員会

 

「ゾンビランドサガ」ED 佐賀県の今はなきレトロ喫茶店 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

「ゾンビランドサガ」ED 佐賀県の今はなきレトロ喫茶店 (c)ゾンビランドサガ製作委員会

まとめ

ゾンビランドサガ、見るほどにスルメのように面白いです。

マモのハイテンション巽幸太郎
ギャグと小ネタがそこらじゅうに
王道アイドルものとしてもけっこうしっかり
謎の残るたえちゃんの覚醒の日はいつ?

 

見どころいろいろありますので、興味が湧いたら見てみてくださいね!

動画配信サービスなら、アプリがますます使いやすくなったU-NEXTがオススメです。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

 

タイトルとURLをコピーしました