U-NEXTポイントを映画チケット・クーポンに替える方法

 

U-NEXT

 

U-NEXT(ユーネクスト)では、見放題じゃないレンタル作品や原作マンガや小説購入にに使えるU-NEXTポイントが毎月1,200ポイントもらえます。

今回はそのU-NEXTポイントの利用方法のうちU-NEXTポイントを映画チケット・クーポンに替える方法についてまとめました。
イオンシネマ、全国のMOVIX、新宿ピカデリーなどの松竹マルチプレックスシアターズ、ユナイテッド・シネマ、CINEPLEX、T・ジョイや新宿バルト9、横浜ブルク13などの映画館が近い、時々利用するという方は必見ですよ。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

 

U-NEXTポイントの利用方法おさらい

 

U-NEXTポイントの利用方法のおさらいをまずはさらっと。U-NEXTポイントの使いみちは大きく4種類です。

  • 見放題に含まれない動画コンテンツのレンタル・購入
  • コミック・書籍(電子書籍)の購入
  • 映画館で使えるチケット割引
  • NHKオンデマンドなどのオプションサービス

 

今回はそのU-NEXTポイントの利用方法のうちU-NEXTポイントを映画チケット・クーポンに替える方法とメリット・デメリットの考察です。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

映画館で使えるチケット割引の概要

 

映画チケットの割引には、4種類あります。

次で説明する、全国のイオンシネマ、全国のMOVIX、新宿ピカデリーなどの松竹マルチプレックスシアターズ、ユナイテッド・シネマ、CINEPLEX、T・ジョイや新宿バルト9、横浜ブルク13などの4つの系列映画館で使える映画の割引・引換チケットへの交換が可能、というものです。

 

他の系列映画館は適用がないため、この4つの系列が近くにない、ほとんど利用しない、という方はU-NEXTポイントは迷わず新作レンタルや電子書籍の購入に使ってください。

逆に、この4つの系列をよく利用する方には魅力的ですよね。映画館の音響や大画面は作品への没入感を増してくれますからね。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

使える系列映画館と引き換えられるチケットの種類

 

全国のイオンシネマ「映画割引きクーポン」

 

U-NEXTポイントを全国のイオンシネマで使える「映画割引きクーポン」に交換できます。
交換できるクーポンは「500円OFF」「1,000円OFF」「1,100円OFF」「1,800円OFF」の4種類です。

 

全国のMOVIX、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーなど「映画引換クーポン」

 

U-NEXTポイント1,300ポイントを全国のMOVIX、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーなど松竹マルチプレックスシアターズで使える映画チケット1枚分のクーポンと交換することができます。

 

 

全国のユナイテッド・シネマ、CINEPLEXのクーポン

 

U-NEXTポイント1,400ポイントを全国のユナイテッド・シネマ、CINEPLEXで使える映画チケット1枚分のクーポンと交換することができます。

 

 

オンラインチケット予約「KINEZO」でポイントを使う

 

新宿バルト9や横浜ブルク13など、オンラインチケット予約「KINEZO」からチケットを予約・購入できる映画館であれば、U-NEXTポイントをそのまま映画チケット購入に利用することができます。

 

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

映画の割引・引換チケットへの交換方法と注意点

 

U-NEXTのメニュー 「クーポン・ギフトコード」> 「映画チケット割引」のページから引き換え手続きをしますが、映画館の系列によって手続きがそれぞれ異なります。

利用可能な映画館の所在地もこのページで確認できるので、まずは利用したい映画館が含まれているかチェックしてみましょう。

 

 

そしてこの映画チケット、実はいろいろと注意点が!

気になる点を挙げていますので、U-NEXTポイントを映画チケットに変えるべきかどうか、の判断の際に参考にしてください。

 

イオンシネマの場合

 

クーポンを発行して、それを持って映画館にき、友人カウンターで映画の入場券と引き換える形です。

この時注意しなければいけない点がいくつもあって・・

クーポンの有効期限は、発行日から10日間。
クーポンの発行後は、取り消しやU-NEXTポイントの払い戻しはできない。
どの映画のチケットと交換するか、座席指定などはすべて劇場チケットカウンターに行ってから

 

映画のチケットも事前予約がかなり浸透してきている今どき、劇場カウンターに行ってからでないと何も決まらないって、かなり不便ですね。
イオンシネマがめちゃくちゃ家の近所にある、という環境でないと使いにくそうな印象です。

そしてもう一つだいじなこと。
イオンシネマの場合、U-NEXTポイントをそのポイント分だけのクーポンに交換しているので、お金の代わりにポイントで支払っているだけです。支払総額は1800円で変わりません。

 

松竹マルチプレックスシアターズの場合

 

U-NEXTポイント 1,300ポイントを映画引換クーポンと交換できます。大人の映画チケットは通常1,800円、前売り券が1,400円なので、前売り料金より少し安く見られるのでお得です。

大事なポイントとしては、

クーポンの有効期限は、発行日から90日間。
クーポンの発行後は、取り消しやU-NEXTポイントの払い戻しはできない。
クーポンの利用は、劇場チケットカウンターで好きな映画の入場券と引き換えとなる。払戻しはできません。

 

イオンシネマより有効期限ははるかに長いですが、座席指定などの手続きは劇場カウンターに行ってからでないと何も決まらない点は同じく不便です。

 

ユナイテッドシネマの場合

イオンシネマとよく似ています。クーポンを発行、それを持って映画館にき、有人カウンターで映画の入場券と引き換えます。
U-NEXTポイント 1,400ポイントを映画引換クーポンと交換できるので、前売り料金分のポイントで見られるということになります。

主な注意点は、

クーポンの有効期限は、発行日から10日間。
クーポンの発行後は、取り消しやU-NEXTポイントの払い戻しはできない。
どの映画のチケットと交換するか、座席指定などはすべて劇場チケットカウンターに行ってから

 

これも有効期限が短いのと、座席指定等事前にできないのはあまり使い勝手がいいとは言えません。クーポンを発行したけれど、見たい映画が満席だったなどの場合、使えないままムダになる可能性もあります。

 

オンラインチケット予約「KINEZO」の場合

 

他の3つと違い、U-NEXTポイント分の割引で映画チケットを購入する形です。

「KINEZOで購入する」のボタンを押すと、オンラインチケット予約「KINEZO」のサイトに飛び、そちらのチケット予約の流れに沿って手続きを進めていき、支払の時にポイントを使う形式で、オンラインチケット予約「KINEZO」への会員登録などが別途必要です。

 

 

有効期限のあるクーポンを発券するのではないため、見たいときにすぐポイントを使って映画が観れる、という点では使い勝手はいいかもしれません。

ただ予約「KINEZO」の場合もイオンシネマと同じく、U-NEXTポイントをそのポイント分だけ支払に充当しているので、お金の代わりにポイントで支払っているだけです。支払総額は1800円で変わりませんが、「KINEZO」の系列映画館をよく利用する方にはむしろ使いやすいかもしれませんね。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

U-NEXTポイントを映画チケット・クーポンに替えるメリット・デメリット

 

U-NEXTポイントを映画チケット・クーポンに替えて利用するのは、住んでいる場所や行動範囲と利用できる映画館の立地によってメリットデメリットの差がかなりありそうです。

今まで見てきたところでのメリットとデメリットをまとめると、

メリット

程度や種類の差はあるにしても、当日券を買うよりはお得である
利用映画館が行動範囲にある場合、使えそう

 

デメリット

事前に座席予約も時間予約もできない
映画館に行くまで観たい作品が必ず観られる確証はない
有効期限が短い(イオンシネマ、ユナイテッドシネマ)

 

使える人にはすごくいいけど、使えない人には全然意味ない、という感じになりそうですね。

\無料お試し登録で600円分ポイントもらえる/ 今すぐU-NEXTの無料おためしに登録する

まとめ

 

U-NEXTポイントを映画チケットに変えるなら、割引率と有効期限の長さだけから見ると、
松竹マルチプレックスシアターズがおすすめです。

が、近くに映画館がなければ、普段行かないところまでこのために行くのも面倒だし交通費がよけいにかかったりしてしまいます。
あえてわざわざのお出かけにするのであれば別ですが、映画館ってだいたい普段から見るエリアなど決まっている場合が多いと思います。

なので結論としては、

U-NEXTポイントを映画チケットに変えるなら、普段利用する映画館で使えるかどうか、で判断するのがいいでしょう。

 

家で普通にU-NEXTで映画見た方が快適かもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました